土井亜紀はお色気要員?-ドラマ『モテキ』第7話感想

モテキ第7話の感想です。


今回は土井亜紀が少しよくなったなぁ。
初回みたいな媚びてる感じはだいぶ緩和されてた。
前よりはだいぶ好印象。
池袋の駅前でわかれるときは結構かわいかったかな。
あとコラボCMの仕事出来る感じはいいですね。

でも相変わらず甘ったるい感じで
正ヒロインって感じではないんだよなー。
なんつーか、完全にお色気要員に成り下がってしまってる気がする。
あれでいいのかなー。
せっかく野波麻帆は演技もうまいのになぁ。



ドラマ版の墨さんは結構いいなー。
漫画のキャラとはだいぶ違うんだけど、また違う面白さがある。
あの調子で淡々と「フジ、お前明日どうせ暇だろ」とか。
あの調子で淡々と下ネタとか。
りりーフランキーの魅力全開。


林田の「このまま電話で呪い殺してやろうか?
そんなクソつまんねー映画あったよな」はウケた。
あれは着信アリですね。

映画『着信アリ』の出来がダメダメで
この映画を作った三池監督の評価がダウンしたんだけど
それは監督が悪いんじゃなくて
秋元康原作の小説の内容がクソだからなんだって話。




さてさて、前置きはここまでにしてここからが本題。



このブログに何度か来てくれてる人には
ぼくが何書こうとしてるかもう分かっちゃってますかね?




いつかちゃんが・・・



いつかちゃんがかわいすぎるーーーーーー




ブラウン管の中の人に惚れてしまうーーー




発言が気持ち悪い?

いやいや、あれにやられない男の方がどうかしてますって!


満島ひかりはなんなんですかねー。
それこそ男を喜ばす特殊訓練を受けているとしか思えない!
照れとか恥じらいの演技がもうカンペキ!

前回紹介した『愛のむきだし』でも
満島ひかり演じるヒロインがサソリさんってキャラに惚れて
恥じらいながら電話したりするシーンがあるんだけど
それよりも何倍もリアルな演技になってる。

ちなみに、満島ひかりのいつかちゃんは女性から見たら
ぶりっ子的な扱いになるのかなーと思いきや
女性にも意外に人気みたい。

>わたしの小さな箱庭「モテキの満島ひかりが可愛い件」


こちらの方、ぼくもびっくりなくらい
満島ひかり版いつかちゃんを絶賛されています。



それからセリフもまたいいんですよね。

幸世が見ていたいつかちゃんからのメールを再現


でもでも約束は守るよー!
どこ遊びいくか考えといてっ
            いつか


頑張るってガンバルって意味だよー
なんかはずかしい会話やめよーよー。
とにかく、私もちゃんとフジくんのこと考えますよ、ってこと
            いつか


うん。ありがとう。
なんか・・・早く会いたいねっ
            いつか


うん。私もさびしい時あるよ。
でも、仕事落ち着いたら、すぐ会えるから
もー少しだけ待ってね。
           いつか

で、最高にかわいいのが
キャンプから帰ってきて幸世にお土産渡すための電話のセリフ↓

なんかねー・・・ちょっとねー・・・会いたかったよ、フジくんに

これやばくなかったですか??
このときいつもよりちょっと髪型オシャレになってて
ちょっとだけ化粧頑張ってたりするんですよねー。



モテキ観てるテレビ業界の人がいたら
満島ひかりをエキセントリックな役ばっかりじゃなくて
是非かわいい役で使う方向でお願いします。



次回予告を観た感じだと
幸世が土井亜紀とくっつきそうな展開になってるんだけど
あのヤバカワいつかちゃんとお色気要員土井亜紀だったら
どう考えてもいつかちゃんでしょー。
漫画版の土井亜紀VSいつかちゃんとは違う展開がいいなぁ。


今日一日でこのブログのキモ度がだいぶアップした気がする(笑)



『モテキ』関連記事一覧




追記というか、愚痴。

先週のモテキ感想を書いてから数日してから
ふと自分のブログの閲覧数を見てみたら
第6話感想だけ異様に少ない。

不思議に思ってグーグルで「モテキ 6話」と検索すると
いけどもいけどもぼくの書いた記事が出てこない。

かわりに検索ページ下段になんだか不穏なメッセージが。
曰く「このキーワードで登録されたページを一件登録削除しました
理由:性的な描写の規制になんちゃら・・・」

え、、、もしかしてこれ?と思いつつ
いやいやそんな天下のグーグルに削除されるなんて
こんな細々とやってるブログの分際でありえないでしょ。
自意識過剰もいいとこだよ、と自分でツッコミ。

まぁグーグルのウェブ検索に載るかどうかは
閲覧数次第なところもあって鶏が先か卵が先かな気もする。

というわけで、更新すれば閲覧数にかかわらず
必ず載せてもらえるブログ検索で「モテキ」と打ってみた。

・・・やはり出て来ない。

これは、、本当に削除されたとしか考えようがない。

ブログ検索の結果←日付順にすると8日中なら
この記事(第7話)が100件目以内にはいるはず
これ書いてる現在は上から3件目


でもなんかまずいこと書いたかなー
裏づけをとってみよう、と思って自分の記事を見返してみた。

まずいとこ、すぐみつかった。

原因、wikipedia。
『愛のむきだし』概要

これを丸々引用したのがまずかった。
この最後の2文にたった2文に過激なワードが7つほど。
(何が原因だったか具体的に説明したいんだけど
引用するとこの記事まで載せてもらえなくなりそうなので
上のリンクを見てください)

映画自体は18禁でもないのにな。

不精してあらすじ自分の言葉で書くのさぼったら
こんな落とし穴があったとは。。。
wikiだからって油断したなぁ。

これまでグーグル検索(ウェブ検索)で
「モテキ ○話」って打つと対応する自分の記事が
全部1ページ目に出てくるのが密かな自慢だったのに~。




この記事へのコメント

ひぐち
2010年09月11日 00:59
『モテキの満島ひかりが可愛い件』のブログ主です。
リンク貼って下さり、有難うございます!

おかげでアクセス急上昇でした!
2010年09月11日 13:43
ひぐちさん、こんにちは。

本当はTBしたかったのですが、まだこのBIGLOBEのブログのTBのやり方に慣れておらず、不意打ち的にリンク貼らせていただくことになってしまいました。
アクセスが上昇したと聞けて、ぼくも嬉しいです!

この間はコメントへの丁寧なレスありがとうございました。

この記事へのトラックバック