島田編はイマイチ-ドラマ『モテキ』第11話感想

モテキ第11話の感想です。


島田編の位置づけはぼくの中ではこんな感じです。

他人を得体の知れないものと考えてしまって
自分の思いをぶつけることをできない幸世。
大人になってからは島田に対しても引け目を感じて
高校生の頃のように言いたいことを言う関係では
なくなってしまった。
それが、お互いの不満をぶつけあって川に落ちて
なんだかんだで分かり合える。
結果、「他人」というものを理解する第一歩となる。


この文脈で見た場合、今回の話はちょっと不満。
島田に言いたい事を言いたいだけ言わずに
逃げちゃってるんですよねー。
そうすると、「他人」を理解するってところに
つながってこないと思うんです。

まぁ川に落ちた後の島田のセリフ
「フジ、お前の考えてること分かるぞ」
でなんとかつながると言えなくもないのかな。



この流れだと最終回はどうなるんだろ。。。
とりあえず物語の大きな流れは
幸世が主体性を獲得することで完結する。
としても、土井亜紀との関係は据わり良いオチがつくのかな。
漫画版はいい終わり方だったと思うけど
ドラマのここまでのストーリーからすると
どうも漫画と同じというのはしっくりこない気がする。

幸世がヒロイン3人に好きだったことを伝えて
新たな恋愛に進んでいけるような展開になると
いいんだけどな。


そういえばきわどいシーンは松本莉緒ではなかったですねー。
先週の次回予告はミスリーディングだなー。



『モテキ』関連記事一覧



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック